リニューアルオープン記念 新規会員登録で今なら1000ポイントプレゼント

フォーマル(冠婚葬祭)

男性の場合、結婚式、お葬式等、慶弔問わず紐靴でストレートチップ、もしくはプレーントウになります。 色は黒が基本ですが、結婚式の場合、親族やスピーチをする方でなければ茶系でも問題無い場合もあります。弔事の場合はもちろん絶対に黒です。 穴飾りや金具等のあるデザイン、型押し革や起毛革、ブーツはNGです。 エナメルは本来、夜の礼装(テールコート、タキシード)用ですので、それ以外では避けた方が無難です。 フォーマル度の印象について言うと、ストレートチップ > プレーントウ、内羽根式 > 外羽根式、黒 > 茶 という関係になります。 ソールまわりは、コバの張り出しが少ないものほどドレッシーで、フォーマル度が高くなります。 ウェッジソールではなく、ヒールが独立している普通のソールの靴にしましょう。 シンプルな黒の内羽根ストレートチップは、就職活動や面接、商談でも使えるオールマイティな最強靴ですので、最低でも1足はお持ちいただくことをおすすめします。

リクルート&フレッシャーズ(就活)

フォーマルと同様、黒のストレートチップ、プレーントウがおすすめです。素材、デザインの選び方もフォーマルと同様です。 フォーマルの場合と違い、ソールまわりの印象は気にしなくてよいですが、ウォーキング調の形状のソールの靴は避け、ヒールが独立している普通のソールの方が無難です。 お手入れの行き届いた状態を維持するために、2足以上の靴をローテーションで履くことをおすすめします。

営業マン(外回り)

フォーマル、リクルートより制限がゆるくなりますが、デザインごとに印象のフォーマル度(カジュアル度)が変わってきますので、業界や訪問先によって判断してください。 ユーチップ、ローファー、スリップオン、起毛革、型押し革、ブーツはカジュアルな印象がありますので服装の自由度が高い業界以外は避けた方がよいです。 よく分からない場合は、ストレートチップ、プレーントウにしておけばよいです。穴飾りはあっても問題ないです。 色についても、茶色が許容されるかどうかは業界によって異なります。歩く時間、距離の長い方は、マドラスウォークのビジネスシューズがおすすめです。

ノーネクタイ(スーツ&ジャケット)

服装の自由化が進み、スーツとネクタイ着用でなくてもよい会社が増えてきておりますが、スーツでノーネクタイの場合やジャケットスタイルには、黒のドレスシューズよりも、茶系のドレスシューズやレザースニーカーの方がよく合います。 茶色の靴の方が合わせられる服装の範囲が広いので、黒の靴に合わせているスーツに茶系の靴を合わせても、だいたい問題ありません。デザイン、素材等の許容範囲は業界や会社によって変わりますので、勤務先、訪問先の状況に応じて判断してください。

パーティ&デート(オシャレ靴)

結婚式の2次会やパーティ、デート等、ドレスアップはしたいけどフォーマルシーンのドレスコードを守る必要のない場合、アレンジされたデザインや素材コンビのドレスシューズをお好みで選ぶとよいでしょう。 サイドレースや爪先に切り替えのラインが斜めに入ったデザイン、スムースとスエードのコンビ、カラーコンビ等がおすすめです。

トラベル&レジャー(旅行&行楽)

クッション性のあるソールとインソールで軽めの靴をおすすめします。たくさん歩く場合は、スリップオンよりも足をしっかりホールドできるヒモ靴、スニーカータイプの方が、疲れにくくて安心です。 足の長さ、甲の高さ、足幅に合った靴でないと足の痛みの原因になりますので、事前にご着用して足に慣らしておくことをおすすめします。

機能で探す
    

防水

防水性を重視してお探しの場合は、GORE-TEX 搭載商品をおすすめいたします。「GORE-TEX」は防水性と透湿性を兼ね備えたフィルムを靴下状にして靴内部に搭載する構造で、縫い目からの水の浸入も防ぎます。 「GORE-TEX」は素材の内蔵というだけでなく、製品化前に素材供給元のゴア社による様々なテストを実施し合格したものを発売しておりますので、その点でも信頼性が高い素材と言えます。「GORE-TEX」と同様の機能を持つ素材で「eVent」という素材もあり、こちらの方は「GORE-TEX」より比較的安価でご購入していただけます。 フィルム内蔵ではなく甲革自体に防水・撥水加工を施した靴もございますが、加工の効果は時間の経過とともに低下してくることと、縫い目等からは水が浸入してくる可能性がございます。 安価な商品ということでは合成皮革という選択肢もございますが、縫い目からは水が浸入してしまうことと蒸れやすいのが難点です。

防滑

凍った路面での防滑シューズは、「ハイドロストッパー」搭載商品がおすすめです。ソールのラバーに配合されたガラス繊維が、路面をグリップします。ただし、屋内等で歩行されますと床面を傷つける可能性があります。  雨でぬれた路面、雪の積もった路面用の防滑シューズは、ソール面に深い溝が細かく入った意匠のものをおすすめします。スタッドレスタイヤと同じ原理で、水分を溝に逃がして路面をグリップします。